シーケンス制御(リレーシーケンス)

操作盤とは

このページでは操作盤とは
どういったものかについて
書いています。

現場ではニュアンスで使っている
人も多くいます

しかし、物事の伝達がスムーズの
間違いなくできるよう知っては
おきましょう

操作盤とは

操作盤は読んで字のごとく
操作する盤です。

機械、装置を操作すること
専用に盤ということに
なります。

機械ではなく
制御盤を操作するための
盤といえるかもしれません

同じ盤とつくものでも
色々ありますが
違いを書いておきます

配電盤、分電盤との違いは

工場にいると配電盤、分電盤と
いうキーワードを聞くことは
あると思います

配電盤は盤内で高圧を低圧に
変換して その他の盤に
電力を配る盤です

一般的な工場は
交流200Vと100Vの電気がきて
いますが、発電所からいきなり
その電圧が送電されているわけでは
ありません。

何万Vの電圧を降圧しながら
送られ、電信柱の電線では
6600Vの電圧です
それを降圧して200Vや100Vにするのです

分電盤は、その200Vや100Vに
した電気を、工場の各所に
分けて 供給するための
盤です

分電盤と見ると
メインのブレーカーがあり
その下に小さいブレーカーが
ついて、各コンセントや
照明などに電気が供給されます

電気を分ける目的ですね

お分かりのように、この2つの
盤には
機械、装置を操作する目的は
ありません

ですので、はっきりと
違うとわかると思います

制御盤との違いは

機械、装置に関わると
制御盤というキーワードを
よく聞くと思います

制御盤と操作盤は近いかも
しれません

制御盤は機械を制御するための
盤です

電磁リレーや電磁接触器、
PLC,インバータなど
機械を直接制御するものが
回路を組んで入っているのが
制御盤です

→制御盤とは

制御盤と操作盤が近いと
書きましたが
制御盤の中には操作盤も
兼用しているものもあります

よく制御盤の前面パネルに
ボタンやランプ等が
沢山ついている盤はありませんか?

それは機械を操作するための
ものです

盤が大規模でなかったりとか
運転士の側に盤があるなど
使い勝手に問題なければ
制御盤で操作だけする
盤もあります

大規模な盤とか
運転士が機械を見ながら
操作をしたい、盤から
離れているなどのときに
操作盤が別途設けられます

操作盤とは

上写真は操作盤です

制御盤本体から離れて
使うため このような
小さな盤で 持ち運んで
使うものです

この操作盤で機械を直接制御は
できません

ただ、操作盤と制御盤をつないで
この盤から制御盤を操作するのです

ボタンやランプなどしかなく
電磁リレー等の電気制御機器は
ありません・

この写真は先の盤とは違いますが
工作機械の操作盤です

NC工作機械は大規模だし
回転等を見ながら操作することも
多いので とても
制御盤までいって操作することは
できません

このように制御盤から電線を
ひっぱって いい位置で
設置しているのです

操作盤だと複数の箇所に
設置して 操作することも
可能ですね

まとめ

操作ボックスもあります
操作BOXは盤ではなく
BOXにボタンがついている
ものです