電気基礎/電気用語

励磁電流とは

励磁電流とは
鉄心などの磁性体を
磁化する目的のために
流す電流のことです。

磁化については
ソレノイド(コイル)に
電流を流し磁束を発生させ、

そして、コイルを巻いた
鉄心に磁束が通ることで
磁化されます。

(ソレノイドについては
以下を参考ください。
ソレノイドとは

励磁電流のことを
例としてはよく書かれている
電気機器は
変圧器や三相誘導電動機です。

(三相誘導電動機については
 以下のサイトを参考ください。
→三相誘導電動機(三相モーター)とは?)

変圧器の1次側、そして
三相誘導電動機の
1次側にあたる固定子コイル
に流れる電流の中で

磁化に使われる電流が
励磁電流として
参考書等で書かれています。

電験などの参考書では
計算式付きで載っています。

1次電流は鉄心を磁化する
励磁電流と負荷電流に
分かれます。

もし無負荷の場合は
1次電流=励磁電流になります。

励磁電流が関係する
知っておきたいこととして
磁気飽和があります。

磁気飽和すると
コイルが焼損することもあります。

磁気飽和については
以下のページを参考ください。

→磁気飽和とは

このページで説明した励磁電流や
磁気飽和などは
モーターでも関わります。

このサイトでは、
初心者のためのモーターの基礎講座も
ありますのでご参考ください。

→初心者のためのモーターの基礎講座

また
当方では、三相誘導電動機が
関わる機械設備の故障対処法に
関する教材も扱っております。

興味があれば、以下のボタンをクリックして
内容を確認してください。

【保全マンの14時間で分かる
機械設備モーター部の電気故障対処法とは】
詳細はこちらをクリック