シーケンサ

M8000~M8003 RUNモニタとイニシャルパルスとは

このページでは
三菱電機のPLCである
FXシーケンサに内蔵された
特殊補助リレーを紹介します。

このページでは、シーケンサを
RUNさせたときに作動する
特殊補助リレーです。

RUNとは下写真にように
シーケンサ本体にある
スイッチです。

シーケンサのRUNスイッチシーケンサのRUNスイッチ

シーケンサに電源を投入した
だけではシーケンサの中の
プログラムを作動させ機械を
動作させることはできません。

写真のスイッチをRUNにすることで
プログラムは作動するのです。

1.M8000,M8001 RUNモニター

三菱電機ではRUNモニタと
呼ばれる特殊補助リレー
M8000とM8001について
説明します。

特にM8000はよく使います。
ぜひ覚えてください。

M8000

シーケンサがRUNしている間は
ON(閉路)になります。

いわゆるRUNでON/OFFさせる
a接点ですね。

RUNと同時に駆動/処理したい
コイル、応用命令の駆動接点として
使われることが多いです。

M8000のタイムチャート:FXシーケンサM8000のタイムチャート:FXシーケンサ

M8001

シーケンサがRUNしている間は
OFF(開路)になります

いわゆるRUNでON/OFFさせる
b接点ですね。

M8001のタイムチャート:FXシーケンサM8001のタイムチャート:FXシーケンサ

2.M8002,M8003 イニシャルパルス

三菱電機ではイニシャルパルスと
呼ばれる特殊補助リレー
M8002とM8003について
説明します。

M8002

シーケンサをRUNさせた直後の
1周期(1スキャン)だけ
ON(閉路)になります。

(スキャンについては
 以下のページを参考ください。
シーケンサのプログラム処理とスキャンタイムについて)

いわゆるRUNでONさせる
PLS命令のa接点ですね。

M8000と同様に
RUNと同時に駆動/処理したい
コイル、応用命令の駆動接点として
使われることが多いです。

始動時の1周期だけですので、
最初だけでいい
初期化(リセット)や読み込みなど
には使います。

M8002のタイムチャート:FXシーケンサM8002のタイムチャート:FXシーケンサ

M8003

シーケンサをRUNさせた直後の
1周期(1スキャン)だけ
OFF(開路)になります。

M8003のタイムチャート:FXシーケンサM8003のタイムチャート:FXシーケンサ

3.まとめ

RUNで動作する接点をつくれる
M8000~M8003の
特殊補助リレーは
よく使われます。

(特にM8000とM8002は)

他社のプログラムを見る際
このリレーが使われている箇所は

他の多くの回路(プログラム)にも
関連する条件設定など
大元になるものかと思ってみてください。

当方ではこのページにも関連する
初心者向のシーケンス制御の教材も
扱っていますので

興味があれば
以下の画像をクリックして
ご確認ください。

●リレーシーケンス教材に
 ついては以下の画像をクリック

リレーシーケンス教材リレーシーケンス教材について


●シーケンサ教材に
 ついては以下の画像をクリック

PLC(シーケンサ)教材PLC(シーケンサ)教材について